規則的な繰り返しがあり、比較的軽い運動である有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)は、脂肪を燃焼させて、ダイエット(次々に新たな方法がブームになっては消えていきます)に良いことで知られています。ほかにも、心肺機能を強くしたり、血液の循環を向上させて新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)をアップさせたり、リラックス(人それぞれリラックス方法は畭なりますが、お風呂に入る、マッサージされる、深呼吸をするなどが比較的代表的かもしれません)効果的であるなど、健康にも精神的にもプラスの影響を与えてくれます。是非、積極的に行いたい運動ようですね。とは言うものの、有酸素運動とは具体的にどのくらいの運動でしょうか。有酸素運動は、息切れしてしまうようなハードな運動ではなくて、充分な呼吸ができて、細胞に酸素を送り込めるような運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)です。代表格としては代表的なのは、ウォーキング。胸(あまりにも張りすぎると、不自然になってしまいます)を張り、日頃歩くより少しできるだけ早く歩きます。また、ジョギング(一般的には、会話ができるくらいのペースで赭ることを指します)や水泳、アクアビクス、エアロビクス、サイクリング(レンタサイクルで観光地をまわったりするのもいいですね)などもあげられます。あまり一般的ではないのですが、ノルディックウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や?などに負担がかかります)やクロスカントリースキーなども有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)です。また、有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)は、日頃の暮らしの中でも行うことができますよね。例えば、車でかいものに行くのを徒歩や自転車にする、通勤や通学では一駅手前で降りて歩く、エスカレーターを使わず階段を利用する、電車内ではつま先で立っているなど。部屋の掃除や家事なども、こまめに行えばよい運動になるのです。一方、有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)で大事なことは、継続して行う事。突然行っても、あまり効果は期待出来ません。定期的に長く続けてやることが大事で、その為には自分が手軽にできる運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)から始めるといいかもしれませんよー